「体験談」初めての妊娠での病院の選ぶ方は?

Pocket

「体験談」初めての妊娠での病院の選び方は?

 

皆さんこんにちは^^

今回は赤ちゃんを元気に出産したいと思うママさんの為に妊娠時の病院

の選び方について話していきたいと思います。

誰だって妊娠したら病院は良い所を選びたい、信頼できるお医者さんに

見てもらいたいと思うのは当たり前の事です。

ただでさえ妊娠で不安が多い時期であると思います。

「でも妊娠は初めてだから病院って何基準で選べばいいの?」

と思う方も多いと思います、私も初めての時は病院はどこにしようと迷いました。

 

ここで注意点なのですが、周辺の病院の口コミなどは知人や友達から得るのが重要です^^

妊娠時病院選ぶ時に必要なのは自宅からの距離

出産する病院と出産までの病院は二つにする事もできますが基本1個の病院で

最初から最後までお世話になる事をお勧めします。

しかし、里帰り出産される方などは、県外の病院になると思うので仕方ありません

極力自宅から病院までの距離は近い方が確実にいいです。

妊娠初期の段階でもお腹が痛くなったり緊急時に掛かりつけの病院にすぐに

行ける状態を考えておきましょう。

できれば車で30分以内の病院を選びましょう、痛みや緊急時に1時間以上も

車で移動する事は極めて厳しいからです。

里帰り出産の方も、病院は二つになりますが、どちらも近い病院を決めましょう。

妊娠時病院選ぶ時に必要なのは入院施設

 

出産直前や出産後は入院になります、少し調子が悪い場合は出産1ヶ月前から

入院する事もあるのですが、私は個室をしっかり完備している病院を

お勧めします。

それは何故かと言いますと、出産時出産時は結構な陣痛の痛みがきますし

入院中は一人で不安と戦うのはきついものがあります。

私は3度の妊娠を経験していますが、3回とも個室と決めていました。

今時はなかなか、5人部屋や複数人入院の部屋の産婦人科は珍しいですが

何かの理由がない限り個室を選びましょう。

個室にすると旦那や家族が泊まれるので安心もできます。

激しく痛みが来た時もある程度周りを気にする事なく対応できます。

妊娠中のメンタルは重要なので極力ストレスのないよう環境を選んでいく

事が必要なのです。

妊娠時病院選びはアフターケアーなどしっかりしているか

 

こちらも重要になってくるのですが、病院は診察だけがすべてではありません。

入院中のケアーや赤ちゃんを出産後のアフターケアーもしっかりしている所を

選びましょう。

これに関しては看護婦さんや医師の対応も含まれ、検査などに関しても入念に

行ってくれる所という事になります。

母体の体調や赤ちゃんの体調に迅速に対応してくれる、メンタルケアーもしっかり

行ってくれると言う所を重点にしておきましょう。

特に気になるのが赤ちゃんの障害や先天性の病気についてです。

障害や先天性の事について親はすごく心配になると思います。

親身になって色々相談できそうな環境の病院を選ぶ事が大事になります。

適当にと言ってはなんですが、中にはそれほど気にせず大丈夫大丈夫と

軽く言われる所もあると聞きます。

大丈夫と言われて出産した後に障害や先天性があればすごくショックは大きいです

なので妊娠中に真剣に色々話してくれる病院を選びましょう。

大丈夫であっても出産まで母親は心配なものです、お話聞けるだけでも

安心できる要素になるので重要ポイントです。

料金や料理なども優先度は低いですが

 

料金は最近ではどこもそれほど差はありません。

個々の病院には食事などのサービスは少し異なり、システムにもよると

思いますが、出産だけを見ると基本は同じです。

では何で料金が上がるのか私の体験で話していきますね。

一番料金左右するのは陣痛が中々こない人がいたりします。

その際促進剤と言う早める薬があったりします、それを使ったりすると

料金が上がります、その他は入院の長さによります、何か出産までに

検査の数値が高いなどあれば早期入院になったり出産時に母体に何かあれば

入院は少し伸びます。

そういったイレギュラーな事は料金追加になります。

後は、お祝いの食事が病院から出たりします、それは断れたりしますが

旦那の分も頼めたりしますので、それは料金追加になりました。

食事などはいいとしても、料金に関してはそれほど気にしなくてもいいと

私は思います、なぜなら体が一番大切だからです。

国から約40万円ほど出産に補助がでますが大体ですよ、私は10万円ぐらい

足が出るぐらいでした。

どうしても料金がきになる、安くしたいと言う方は、複数人部屋などの

病院を選ぶと良いでしょう^^少し安めです^^

まとめ

出産とは体的にもメンタル的にもすごく疲れます。

不安も多く、長い月日になりますので、しっかりと安心できる環境を

保持できるように色々家族にも協力して頂き、母親も赤ちゃんも元気で

無事出産を終えれるようにがんばりましょう^^