「体験談」初めての妊娠で気をつける事は5つあるので必ず守る

Pocket

「体験談」初めての妊娠で気をつける事は5つあるので必ず守る

 

皆さんこんにちは、いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

ツイッターはこちら

インスタはこちら

初めての妊娠って色々気になる事や不安に思う事は多いと思います。

私は3回の出産を経験しているので、ある程度の経験を語れると思います。

そこで初めての妊娠の方に参考になればと思い今回は

初めての妊娠で気をつける事5選について体験談を元に話して行きたいと思います。

本日話す5つの事はこのような項目で話して行きますね。

1・塩分・糖分の取りすぎ

2・食べ過ぎ

3・運動不足

4・大きくなって来たお腹を触りすぎない

5・葉酸をしっかり摂取する

の5つの事を順番に深掘りして話します、それでは行ってみましょう。

妊娠中の塩分糖分の取りすぎに気をつける

 

まずは塩分について話します、私は初めての妊娠の時はかなり食欲が旺盛になり

色々と気にしないといけない事に無知な状態でした。

塩分は体がむくみやすく、一番なってはいけない妊娠高血圧症候群になってしまします。

妊娠高血圧症候群は胎盤に送られる血液の量が減少し、赤ちゃんに酸素や栄養が与えられなくなる

リスクがあります、そうなってしまうと赤ちゃんが発育しなくなったり体の機能がしなくなる

と言う事に繋がる可能性が高くなります。

妊娠中は食べてしまうのは仕方ないのですが、栄養バランスを考えてしっかり栄養を取るように

しましょう。塩分が多くなる食事であってもほうれん草や納豆などカリュウムの入った食材

を使用しバランスを取っていく事がオススメです。

 

次に糖分についてお話します。

妊娠糖尿病は妊娠中発生する可能性が高いですが治る

糖分なんですが、妊娠中は甘いものが欲しくなります。

しかしチョコレートを食べると、子供のアトピーなどに影響すると言われています。

チョコレートやピーナッツの刺激がある物は極力控えるように私はしていました。

糖分も塩分と同じですが、妊娠糖尿病と言う病気が発生するリスクがあります

妊娠していなかったら血糖は低い方や普通だった人も妊娠する事により血糖が上がる事があります

それは赤ちゃんの分まで母体で支えているからです。

糖分を取りすぎると赤ちゃんにも、もちろん糖分は行きます、そして糖を出すわけですが

糖分をコントロールしないと糖尿病になる可能性があります。

妊娠糖尿病になり、悪化すると足などがパンパンに腫れて来たりと症状がでるとの事です。

妊娠時に多少の血糖の上下は良くある事で、妊娠糖尿病の軽度は結構多いと聞きました。

私も妊娠時は尿検査で何回か糖が高いと言われた事がありますが

食事のバランスを考えて取れば糖は下がって行きますが取らなさすぎるのも良くないので

考えて栄養を取ってください。

妊娠中の食べ過ぎに注意する

これは、病院の先生にも言われる事ですが体重の過剰な上昇は難産になるので気をつけないといけません

なぜ体重が増えると難産になるかと言いますと、単純に赤ちゃんが大きくなりすぎてしまうと

言う理由と産道(赤ちゃんが出てくる道)に脂肪がついて赤ちゃんが出て来にくくなります。

安産を望むのは誰しもが思う事です、妊娠中食べたくなる気持ちは良く良くわかります。

妊娠中の体重の増える量は人それぞれですが大体の目安が10キロ以内と言われてます。

体重をコントロールするように意識しましょう。

私は毎日体重計に乗り体重の上昇傾向を把握するようにしていました。

毎日体重を見る事により意識が高まります。

妊娠中の運動不足について

妊娠中は安静にしないといけないと言う認識があると思います。

確かにその通りではあるのですが、全く運動しないのも良くありません。

歩く程度の運動は必ずやった方がいいです。

私も前半6ヶ月目ぐらいまでは大人しくしていたのですが

多少の運動はしてもいいと言われましたし、仕事をしてる人もいると

思います。

仕事をしていない主婦の方でも歩いたり運動は行うようにしましょう。

私の経験ですが体力もつけておいたほうがいいし、陣痛がくるのももっと

早くなってたような気がします。決して運動はしなさいとはお医者さんにも

言われてはいませんが脂肪がつかないようになどもあるように運動は

するべきだと思っています。

妊娠中大きくなって来たお腹を触りすぎない

お腹が大きくなって来たと言う事はもちろん赤ちゃんが大きくなってきた

と言う事ですが、赤ちゃんは大きくなるとお腹の中で動きます。

だからと言ってお腹を抑えたりしてはいけません、赤ちゃんが蹴って来たり

した場合、手で抑えたりするとその部分がアザになるとも言われているので

極力触らないようにしてあげた方がいいと思います。

確実ではありませんが、そう言う言われがあるのであれば守った方がいいですね。

妊娠中に葉酸をしっかり取る

これはかなり大事な事です。

赤ちゃんに必要な葉酸をしっかり摂取していきましょう。

葉酸と言うのは分かりやすく言うと、体の脳や内臓などの構造物を作るのに

必要な栄養素で、葉酸が不足すると先天性の病気になってしまう可能性も

上がってしまうと言われています。赤ちゃんが成長する上で欠かせない栄養素

であるため、サプリメントで必ず葉酸を摂取するようにしましょう。

私は葉酸や鉄分、カルシウムなどを取れるサプリメントを毎日飲むように

していました。葉酸は何度も言いますが絶対に取った方がいいです。

妊娠中は赤ちゃんに何が必要なのかなど知識をつけてすくすく成長できるよう

母親も努力してあげるようにする事が役目だと思います。

元気に生まれて来て貰うために妊娠中でも赤ちゃんの成長の手助けをしてあげましょう。

『体験談』初めての妊娠には不安が多い、注意点などをしっかり把握しておく

まとめ

以上で妊娠中に気をつけて置く事を5つあげさせていただきました。

何が赤ちゃんに大切なのかを考えて、元気にお腹の中で成長してもらえるよう

母親の役目として頑張っていきましょう^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。