子供のアトピー原因は一体何が原因なの?

Pocket

子供のアトピー原因は一体何が原因なの?

 

子供のアトピーは生まれた頃から体に反応がある場合もありますが

ない場合もあり、3歳ぐらいから症状が出るパターンもあります。

完全にアトピーを初めから出ている場合はアトピーと診断されます。

しかし途中まで出ていなかったのに急に肌荒れが激しくなって来た

と言うのはアトピーなのかどうかまだ判断できる段階ではないみたいです。

では今回はアトピーになる原因とは何があるのか書いて行きたいと思います。

私の子供も耳切れなどの症状が1歳ぐらいからで始めていました。

アトピーは生まれてすぐなっていなければアトピーではない?

 

子供のアトピーは生まれてすぐにアトピー肌である場合はアトピーではないと

なる事は少ないと思いますが、初めは綺麗な肌だったのに年齢が経つに連れて

肌の異変が起き始めると言ったケースがあります。

特に出やすいのが2歳〜3歳ぐらいからちょくちょく症状が出て来ます。

しかしそれはアトピーなのでしょうか?

お医者さんに見てもらった時は初めからアトピーであれば症状が出るはず

と私は言われました。

なので初めから肌に変化がなかった為子供が酷く肌荒れしていても

アトピーではないのかと思っていました。

しかしアトピーは途中からなる事もあるとの事です。

初めから絶対出ているパターンが全てではないとの事。

では一体なぜに途中から肌に影響が出てくるのか

アトピー皮膚炎と言うアトピー体質がある

 

アトピー性皮膚炎はアトピーの素質を持っている体質であり。

人より肌が敏感であり、すぐに荒れたりなどしてしまうのです

子供の肌が荒れだしたからと言ってアトピーと決めつけないようにしてください。

アトピーではなく肌が弱く影響しやすいと言うだけで

しっかりと肌の保湿をしていれば酷くなる事もなく軽度であれば治るのです。

アトピーの原因とはそもそも何が原因でなるの?

 

 

アトピーは妊娠中の食事などが大きく影響すると言われています。

チョコレートやお菓子など栄養の無いものばかり食べていると子供に影響する

特にチョコレートはよく無いと言われています。

では何を食べればいいのか、それはズバリフルーツを食べる事だと言われています。

フルーツや野菜を食べないとバランス良く子供に影響が行かずアレルギーを持ってしまう。

そしてチョコレートにはカフェインが多く含まれており妊娠中のカフェインは特に禁止

と私は言われていました。

もちろんお腹にいる赤ちゃんは母親と同じ栄養が行きます

母親は大丈夫かもしれませんが、子供が栄養を偏らせたりする事は無いようにしないといけません。

野菜を全く食べない人で顔にデキモノがたくさんできてしまったと聞いたことがあります。

やはり野菜やフルーツを取らずビタミンなどが不足してしまうと

それだけ肌にも影響してしまうと言う事なのでしょう。

アトピーは遺伝も大きいと言われていますが、妊娠中の影響も同じぐらい

に言われている事です。

妊娠中の間の食生活には十分注意するように心がけてください。

食べたい気持ちはすごく出てしまうのですが、生まれて来て肌が弱くアトピーなのかな

とか心配が出てくる事を考えれば10ヶ月の我慢です。

赤ちゃんがお腹にいる間はしっかりと栄養のあるものを食べてあげましょう。