「心配いらない」子供は3歳~5歳でパンツがとれてトイレいけるようになります

Pocket

「心配いらない」子供は3歳~5歳でパンツがとれてトイレいけるようになります。

今回は私の体験談ばかりになります。

私は子供がパンツが取れるか心配していました。

なぜなら小は早くにトイレでできるようになりましたが

大は全然できない期間が続いていたからです。

でも現在トイレに行ってくれないと悩んでいるママさん達は心配しないで。

必ず早くても遅くてもトイレでしてくれるようになります。

それでは説明していきます。

子供はトイレが怖いと思って安心してできない

これどう言う事かと言いますと

やはりトイレは便座に座ってもお尻の所は空いてるので安心できないみたいです。

私の子供はいつも落ちるのではないかと言っていましたw

ポットン便所でもないのに落ちる事はないんだけどなぁと思っていましたが

それは大人の考えで、子供の想像力は豊なので親身になって不安を聞いてあげましょう。

どうしても落ちる事がまず怖がる方はオマルなどを試してみてください。

大人と同じトイレは3歳ぐらいでは確かに多きすぎるので。

私はアンパンマンのキャラクター付きのオマルで頑張ってもらってました。


アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き 310841【送料無料(北海道・沖縄県除く!)】おしゃべり付オマル【バーゲン★】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】  おもちゃ

こちらですね、気休めですが喜んで座ってくれましたよ^^

でも大事な事はトイレできなくても、座る癖をつけてもらう事が一番大事だと私は思いました。

トイレに座ってもくれない時はどうしたらいんだと悩みました、、

おしっことかは言うようにはすぐになってくれるのですが、できない。

まうはトイレにすぐに連れていってあげて、座らせてあげましょう。

幼稚園や保育園に行っておしっこは覚えだして来るが大便はできない

このパターン多いのかなー珍しいのかわかりませんが

とにかく私の子供はおしっこは座らせる癖をつけているとおしっこは我慢できないので

トイレに座ればすぐにできるようになりました。

更に保育園などでも練習はさせてくれるので板についてくれるのは早かったですね。

しかーしっ!!

大便が全然出来なかったんですよね^^;

大をしたいというのでトイレに連れていくはいいけど大泣き!!

泣くばかりで全然用を達してくれません。

何回、何十回トイレにいかせたか分かりません。

小はできるのになぜ大はできないんだろーかと考えていました。

ここで経験談なんですが、押し付けすぎると全然できない事がわかりました。

親が焦り過ぎてるんですよね、小ができるから大もすぐできるだろーと思って

でも子供は初経験なのでそれもそうですよね、お尻からうん○が落ちるですもんね。

びっくりな話ですよね。

子供は焦らされたり、怒られながら事をする事に非常に抵抗があります。

でも逆に子供は、ママやパパに褒められたいといつも考えていますし褒められたら喜びます。

この子供の行動を活用してあげてください。

普段何もないふとした事で子供は急成長してしまう

日々トイレをどうしたらいいか悩み続けていると皆さんも思いますが。

何気ない事で子供は覚醒してしまうんですよ。

毎日トイレと言われると親がトイレに子供を連れて行き、できるのをじっと見守る。

しかし、大弁は全然できないの繰り返しです。

ですが全然成果はありませんでした。

オマルで安心させて座る癖をつける、座ってる時は焦らせる行為や言葉は絶対しない。

これを繰り返し行います。

更に成長した事がある日を境に起きたのです。

それはお婆ちゃんでした、たまたまお婆ちゃんの家に子供が遊びに行っている時

子供がすんなり大便をしたと報告がありました。

何だと!!

私はびっくりして、褒めまくりました。

どうやってできるようになったのと聞くと

お婆ちゃんは安心してトイレができるから、優しいから!

と言われました。

色々心がけていたのにも関わらず、どこか焦っていたのかもしれません。

子供のペースという物があります、私はそこに気づく事ができませんでした。

子供は3歳~5歳でパンツがとれてトイレいける まとめ

今悩んでいるママさん、パパさんは焦りすぎず余裕を持ってあげてください。

子供はトイレはいつか行ってくれます。

トイレに座る癖やトイレでの不安を親は取り除いてあげるべきなのです。

トイレに行ったからと言って100%何かしないといけないと思わず。

練習はやっておいてパンツは子供が自然と外してくれます^^

親はあくまでフォローで主役は子供ですから

子供のペースでできるようになるのを待ってあげましょう。

以上で終わります。

最後まで読んで頂き大変ありがとうございました。

ツイッターのフォロー是非よろしくお願いいたします。