子供しつけは3歳からと言われるが怒る事は取り返しのつかない事になる

Pocket

子供しつけは3歳からと言われるが怒る事は取り返しのつかない事になる

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

子供を育てるおいう事は簡単な事ではありません。

確かにご飯や普通の生活をしていれば育つ事は育つかもしれませんが

幼稚園や小学生になていけば友達とのコミュニケーションなどが必要となり

子供本人がどう行動するかで生活はかわっていきますよね。

そこで親の役目お言う事が生まれてくるのですが

一生懸命頑張ろうとしても中々うまくいかない事は多いです。

特に母親はその場面にでくわす事が多い存在なのです。

3歳になってくれば正念がついてくる年頃なのでわがままや気分によって

気持ちが左右される事が多くなります。

その事により親のいう事を聞けない時も増えてきます(その時親は困るんですよね^^;)

今日はいう事を聞かない時やしつけに迷っている時に参考になればと思って書きたいと思います。

3歳の子供への叱り方に注意しないと精神不安定になる。

 

どういう事かと言いますと私の経験談で話しますね。

子供が3歳の時(幼稚園の年少さんでした)の事ですが

かなりわがままで私のいう事を子供は全然聞いてくれない事が増えて来ました。

私はあまり強く叱る事は元々苦手でやっていませんでした。

所が違う怒り方に落とし穴があったのです。

私は強く叱らない代わりに、子供を突き放すような言葉を発していました。

例えば

子供が駄々をこねだした時泣き始めます。

その時にママはもう嫌い、勝手にして、いいよいいよもう好きにして。

など物事を投げる言い方が多いほうでした。

ですが3歳終わりぐらいにはこのやり取りが多くなってきました。

ですが3歳初めぐらいと比べると全然子供の泣き方や収まりが遅く

癇癪あるような行動になって来ていたのです。

実際私はそのころから少し心配になってきていました。

私の言い方や怒り方が間違っているのではないだろうか?

そんな事を日々考えるようになっており、叱り方などを少し変えたりもしていました。

ですが全然治る気配がありません。

そこで子供の育て方支援をしている専門の方に相談してみた所

全然思ってもいなかった事が判明しました。

3歳の子供はママ離れしていない為突き放すような言い方は1番のストレスをかかえる

 

ここが重要なのですが自分で全然気にしていなかった事が子供に最大のストレスを抱えさせていました。

それはイライラしすぎて、投げやりな言い方をして叱る事でした。

例えばですが

ママはもうしらない一人で勝手にして!

ママはもう○○ちゃんが嫌いだから何も言わないで!

別にいいよいいよ好きにしたら!

というような言葉です。

子供は自分が悪い事をしていると認識はできていますし

どれだけ強く叱っていない素振りでもママが怒っていると認識します。

なので好きにして、ママはもう知らない、などの言葉を発する事で

子供は急激にどうしようもない状態に追いやられてしまうのです。

確かに大人でもそう感じる事やケースは多かったように感じます。

ですが大人は別!自分の感情のコントロールがある程度はできます。

しかし子供は突き放されたように認識し大泣きする好意や暴れる行為でしか

解消できないのです。

まだ強く瞬間に怒られてる方が子供おしては判断がつきやすいのです。

子供に突き放すような行為を長い間続けていると性格がネガティブになり

すべての事に臆病になり、気持ちのコントロールが利きにくくなると言われました。

なのでしつけをする際は必ず子供を軽く見るような言い方をするのではなく

しかりと目を見て向き合うようにしてあげてください。

時間が解決してくれると思うのではなく、一つ一つの出来事を親も一緒になって考える

子供の気持ちを察っし話をしてあげる事が大切だおいう事が分かります。

3歳子供のしつけ、叱り方まとめ

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

3歳の子供は成長真っ盛りであり、すくすく成長している段階です。

更に覚える事も早く、会話も色々な事ができるようになります。

3歳児の子供を明るく元気な子供に育ててあげたいと言う親の気持ちは

誰しもが思う事です。

しかし一つ間違えれば子供にとって取り返しのつかない事になってしまう

親も色々忙しいやストレスなどはあると思いますが

子供は一人で判断できないのです。

親が見守り、道を作ってあげる事が親の仕事でもあります。

必ず子供と向き合い、悪い事、良い事の見極めを付けさす為にも

明確に正しい怒り方をしてあげてください。

ツイッターフォローお願いします。