子供の英語教材だけではアウトプットが弱く英語教室に通わないと意味がない

Pocket

子供の英語教材だけではアウトプットが弱く英語教室に通わないと意味がない

皆さんこんにちわ。

子供がまだ1~2歳の頃に英語の教材を手にさせる親心の方は多いと思います。

少しでも早く英語力を身につけてあげたいと言う気持ちは大切ですし

子供が少しでも早くに英語に携われば力が身につきやすいという事も分かっています。

しかし教材だけでは、インプットができたとしてもアウトプットが弱くなる

ここを確実に頭に入れておいて頂きたいと思います。

私もディズニー英語システムやDVDなどの教材を購入し子供に遊ばせて英語を学んでもらうと

努力しました、もちろん親も一緒にやれば効果も早いです。

しかし、ふと気づくのです

アウトプットが弱くない??と!!

そこで今回はなぜ教材だけではよくないのかをもう少し深堀して書いていきたいお思います。

子供が英語を教材で学ぶにあたりコミュニケーションが足りない

子供が英語を学ぶにあたり、教材だけではコミュニケーションが足りない事が分かると思います。

それはなぜかといいますと、家族はいたとしても、ほとんどは子供が一人で遊んだり学んでいると

いう事。

子供は一人で学ぶよりも周りとのコミュニケーションがないと話す機会もなく

いくら英語の単語を覚えたとしても声に出して言う事が少なかったりリスニング能力が

ないのと同じなのです。

例えば

受験勉強があったとして単語を一人で読み書きして覚えるのと、普段からリスニングと物を見ながら

話して覚えているのではどちらが良いとおもいますか?

間違いなく普段からインプットとアウトプットを繰り返し行う方が習得はかなり早くなります。

なので英語も一人で教材相手にひたすら遊ぶだけでは、いざと言う時に何も生かす事ができないのです。

ではなぜアウトプットが必要なのかを話します。

子供の英語を学ぶのにアウトプットは確実に必要である

子供に英語を学ばせてあげたいと言う親の気持ち大半が将来の為である事が分かります。

将来の就職などに役に立つ事がある。

将来英語が必要な場面に出くわすかもしれない。

グローバルな世の中になって来ているため

など将来の子供の事を思ってが多いでしょう。

でもその親の気持ちは正解であり現在の小学生などは英語はもう授業になているほど

の時代なのです。

昭和生まれであればスペルを書ければいいと言うぐらいの世代なので中学校から

始めても全然遅くない時代でした、しかし今はそうではありません。

現在の日本の英語に対する要求はリスニング力なのです。

英語も日本語話す為の言葉であり、会話なのです。

英語を子供に習わすにあたって必ず頭に入れておかないといけないのが

会話できるようになると言う事。

そこまでやって初めて英語を学んだと言う結果が得られます。

ここまでの文章を読んでいただけばアウトプットがどれだけ大事なのか

分かって頂けたかとおもいます。

そして教材だけでは個人プレイになってしまう為子供の頭には入っていたとしても

アウトプットする力が弱いと言う現実です。

では英語のアウトプットを強化するにはどうすればいいのか?を話していきます。

子供が英語のアウトプット力を高めるにはどうすればいいのか

これはもう一つしかありません。英会話教室に参加する事!!

英会話教室に入れば教材で身につけた知識を使い先生や生徒達と会話する事ができます。

ゲームや遊びをしながら常に英語で会話する機会ができると言う事です。

今まで教材で一人で遊んでいましたが、英会話に参加する事により

英語で普段の会話も話せるようになる。

そして教材で学んで来た知識も存分に発揮できると言う事です。

英会話の先生とはいつもそういう事を心がけて子供に英語を学ばせています。

インプットもさせつつアウトプットもさせる事日々行っています。

教材もお金がかかっていますが無駄ではありません。

教材で学んだ事を英会話教室に持ち込みアウトプットさせる事が重要であるのです。

子供が英語を学ぶ為に必要事まとめ

 

子供が英語を学ぶにあたりアウトプットが必要と言う事は分かっていただけたかと思います。

教材で学んだ単語を英会話教室でアウトプットさせ100%の英語力を身につける事を行動しましょう。

子供は1歳~3歳が大切です。

中途半端に英語にかかわるのではなく、子供に学ばせてあげたいと思うのであれば確実に

身につける策をとってあげるのが親の役目だと私は思います。

色々親心はあると思いますが、日本語も覚えて行くのは普段から親や友達の会話で学んでいます。

英語も会話で学ぶ事がどれだけ大事な事かを覚えておいてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

ツイッターフォローよろしくお願いします。

https://twitter.com/GZ0CTiwi4XZxtY9